プリザンターをMicrosoft Azureにインストールした後のメール送信の設定

Pleasanter開発チームの佐藤です。

 

すでにご存じの方もおられるかと思いますが、プリザンターはAzure上で構築することができます。

 

プリザンターをMicrosoft Azureにインストールする

プリザンターをMicrosoft Azureにインストールする · Implem/Implem.Pleasanter Wiki · GitHub

 

Azure上でプリザンターを構築した後、メール配信の設定をしたいと思う方も多いことでしょう。

 

AWSではSESというサービスがありますが、Azureは下記のような理由から、メール送信はサポートしない旨を公言しています。

Azure 上にメールサーバー/SMTP サーバーを構築する場合の注意事項
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/06/09/smtp-on-azurevm/

 

じゃあどうすればいいのかというと、AzureではSendGridというサードパーティー製のサービスを連動する方法があるそうです。

しかも、下記のリンクに記載の通り、Azure ユーザーは 1 か月あたり 25,000 通の電子メールを無料で利用できます。

 

SendGrid を使用した Azure での電子メールの送信方法

SendGrid 電子メール サービスの使用方法 (.NET) | Microsoft Docs

上記のページから「SendGrid アカウントの作成」の手順を行ってください。

ここで少し注意してほしいのは、設定が完了した後、SendGridから確認メールが送信されるのですが、少し時間がかかるということです。私が試したときはおよそ10~20分くらいだったと思います。

 

SendGridの構築ができあがったら、プリザンターにSendGridの情報を設定します。

 

プリザンターからメールを送信できるように設定する

プリザンターからメールを送信できるように設定する · Implem/Implem.Pleasanter Wiki · GitHub

 

上記の手順の「設定ファイルの編集」から「3.SendGridを使用する場合には...」の項を参照して設定すると、メールの設定が完了します。

 

 

思ったよりも簡単にできますので、皆さんもぜひ試してみてください!